THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【6月28日のプログラム】
[2014/06/28 21:26:20]

6月28日のプログラム
今日は、涼しい中でのプログラムになりました。
草津市のタグラグビー教室や、2024年に開催予定のびわこ国体の強化事業も同時に行われて、三ツ池運動公園は非常に賑やかで活気のあるラグビー空間となっていました。

Jr.とBoysとYouthは、今回はほとんどのメニューを一緒に行いました。来週末の「関西スクール交流会」に向けての実戦的な動きを確認しました。
Kidsは、10年後のびわこ国体に向けての強化事業に参加しました。
彼らは10年後には高校生年代となります。その時にびわこ国体少年の部の中心的なプレイヤーになってもらいたいというねらいがあります。

「いつもと違うコーチの練習も楽しかったです。
もっと速く走れるようになりたいです。」
岩田かずま(年長)

「他のチームの人とできる貴重な機会ができて良かった。」
東山せん(Kidsキャプテン・小2)

「五年生と一緒にパスの練習をした時に背が高くてキャッチしにくかったけど、ボールに回転をかけたり技があってすごいってびっくりしました。
回転のボールはキャッチしにくくて力強いです。
最後に雨が降って、もっと練習したかったから残念でした。
次の練習を楽しみにしてます*\(^o^)/*」
藤井のぞむ(小3)

「10年後の国体をと、夢のあるプログラム楽しみです。」
東山さん(保護者)

「今日は3456年ではコンタクトやハンドリングなど基本プレイを中心に練習しました。地味な練習でつまらないと感じた子もいたでしょうが大事なことなのでまた試合もあるのでしっかりと指導していきたいと思います。
56年に負けじと34年生についてはだいぶんとラグビーらしい動きができるようになってきたと感じています。
暑さもあり練習の中での集中が切れる事が多くなりついつい指導もきつい事を言ってしまう場面もありますがみんなの成長に向けて頑張りたいと思います。」
関川コーチ

「暑い中、お疲れさまでした。
試合に向けて個々のスキルアップは大事ですが、『今、やるべきことは何か』考えて、練習に取り組みましょう!より良い練習へとなっていくはずです。」
奥村コーチ

今回の2024年びわこ国体に向けての強化事業では、体の使い方を松下さん(あそうクリニック、東レアローズ・トレーナー)が、ラグビーのトレーニングを辻井さん(光泉高校教諭)が、担当してくださいました。
お二人のトレーニング内容は、大変参考になるものばかりでした。こういう機会を大切にして、勉強していきたいと思います。
【6月21日のプログラム】
[2014/06/21 18:38:01]

6月21日のプログラム
今日のプログラムは、先週末の課題を克服できるようにトレーニングしました。
BREEZEの二人も参加してくれました。こういう交流は、お互いの刺激になって、良いことだと思います。また機会を見つけて、一緒にトレーニングしましょう!

Kidsは、少しずつコンタクトに慣れて、つかまりながらもパスを出すことも出来るようになりました。
Jr.は、ハンドリングとサポートを中心にトレーニングしました。
Boys&Youthは、ゲーム経験が増えるにつれて、トレーニングに激しさと真剣さが増してきました。どうすれば上手くいくのかなどを考えるシーンも見られるようになりました。

「今日は試合で8:2で勝って2回もトライできて、自分でもがんばったなと思って嬉しいかったです。
今度他のチームと試合する時にむけて練習を頑張りたいです。」
藤井のぞむ(小3)

「タックルをする練習をたくさんやったけど、難しかった。上手くできるようにしたい。
最後、ゲームをした時は、トライできて嬉しかったです。」
寺田しんたろう(小5)

「今日はこないだの試合の反省点を踏まえて練習に取り組んだけど、思うようにはいきませんでした。なので、次の試合まで自主トレを頑張り、試合にのぞみたいと思います。」
竹島かずき(キャプテン・小6)

「声は出ていたと思うけど、タックルの調子が悪かった。
パスを右側に投げるときに変になってしまい、注意されたので、右側に投げるパスをがんばって練習する。」
田中かやと(中1)

おかげさまで、The AntsのFacebookページの「いいね!」が200を超えました!ありがとうございます。
注目していただけるようになったことは大変嬉しいことです。しかし、それだけの責任も生まれてきています。その自覚をしっかりと持って、今後の活動にいかしていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

今回の様子をpicasaアルバムにもアップしています。良い写真が多いので、ご活用下さい。
【6月14日「平成26年度滋賀県ラグビー祭」】
[2014/06/14 17:08:14]

6月14日「平成26年度滋賀県ラグビー祭」
今日は「平成26年度滋賀県ラグビー」が皇子山にて行われました。いつものゲームに加えて、初の試みである「Girl's Rugby Meeting」も行われました。
The Antsからは、この二つに参加しました。

今回のゲームでは、各カテゴリーで個人の成長が見られました。ゲーム内容にも成長が見られ、接戦が出来るようになりました。
他のチームで出場しているThe Antsメンバーも、空き時間には合流して出場してくれました。メンバー同士の絆を感じることが出来ました。

今大会のMVPです。各カテゴリーから一人ずつ選出しています。
Kids 古川せんのすけ(小1)
Jr. 古川ろこ(小4)
Boys 松田さく(小5)
今回からMVPには、特製バッジを渡しています。

Girl's Rugby Meetingでは、たくさんの女の子が参加し、基礎的なスキルからタッチフットまでを楽しみました。
高校のマネージャーさんは、普段の裏方ではなく、ジャージを着て部員に負けないくらいのプレイを披露されていました。
The Antsからは、りこ、ろこ、ことせの三人が参加しました。一時間があっという間に感じるくらいの充実した時間を過ごすことが出来ました。

高校の決勝戦にThe Ants OBの畠山尚也さん(高3)が光泉高校のメンバーとして出場され、見事優勝されました。おめでとうございました。全国大会予選も楽しみにしています!


「はじめての試合でとにかく疲れましたが、楽しかったです。次の試合が楽しみです。」
伊東えいごう(小1)

「色々褒めてもらったり、初めてMVPに選んでもらって嬉しかったです。特にきょうだいで一緒にMVPをもらえたことが嬉しかったです☆」
古川せんのすけ(小1)

「超強いチームに勝ててメチャクチャ嬉しかったです!!」
東山せん(小2)

「自分達の試合では結果的には勝てたけど相手チームは強くて走りも早かったので楽しい試合だった。
上級生の試合は迫力あってすごかった。自分もそうなりたいと思った。」
大原ゆうた(小2)

「練習でしたみたいに出来なくてくやしかったです。
せっかく行ったのに、試合に一回しか出れなかったし、ボールもあまりさわれなくて残念。
でも、合同チームのお友達ができて嬉しかったです。
次はもっと試合に出たいです。」
藤井のぞむ(小3)

「タックルされてもこけないように頑張った。もうちょっとでトライっていう時にタックルされて残念だったけど、MVPに選んでもらって嬉しかった。」
古川ろこ(小4)

「今日は初めての試合でした。楽しくできたかなぁっと思いますでも、しょうじき悔しいです。次の試合は、どう動けばいいのか、頭で考えていきたいです。
これからもよろしくお願いします。(^-^)/」
川口まなと(小5)

「天気がよくて暑かったです。ボールがなかなか取れなかったけど、試合できて楽しかったです。
今度は、相手をとめられるように頑張りたいです。」
寺田しんたろう(小5)

「今日は新チーム初めての試合だったのでこんなもんかな。
次のゲームでは、もっと良い試合が出来るよう練習を頑張りたい。」
本村たくと(小5)

「天気もよく、続けてのゲームで疲れたかと思いますが、楽しかったようです。今度は、『相手をとめたい』と言っていたので、練習が身に付いて試合にいかせるようになるとよいなと思います。
良い経験をさせていただきありがとうございました。」
寺田さん(保護者)

「息子の頑張っている姿をみて、とても微笑ましかったです。」
東山さん(保護者)

「今日もありがとうございました。
初めての試合に朝から緊張していたようです。緊張しながらも3試合目では、スイッチONになった場面があり、楽しめている様子を見守っていました。
試合を終え、感想を聞いてみるとテンション(-_-)で、もしかして1回の試合経験で終了か…(O.O;)と…
後で聞くと『お腹すいて疲れた』らしくご飯を食べながら『次の試合も頑張るぞー!』と言ってました。(笑)
次回も楽しみにしています。」
川口さん(保護者)

「たくさんの高校生の知り合いにも会えて嬉しかったです。(上の子どもの同級生)
そして、今日は望夢のお友達も応援に来てくれました。
子どもの向上心のためにも、たくさんの出会いの場としても大変ありがたく思いました。
関係者の皆様、ありがとうございました。」
藤井さん(保護者)

「1年生2年生に混ざって初めて試合に出て、偶然にもトライまで出来て、思い出の1日になりました。」
岩田さん(保護者)

「茜之輔はラグビーを始めた頃から、自分がトライをするとかいうより、相手に自陣に攻め込まれるのを阻止するということに重点を置いていることを考えてしていることを申していました。
控えめながら自分のやる仕事のようにコツコツそういう動きをする試合を何度も見てきて、そういう事を考えながらしていることに感心していました。
今日は、そんな茜之輔のことをよく見てやって下さってたんだなあと、とても嬉しくて、ありがたいなあと思っています。
新チームになってから、キャプテンとして役に立ちたいとの気持ちを日頃のロコとの会話から感じている今年です。
今日はのびのびと跳ねるようにプレイするロコを見て、私も子供だったらやりたかったなーと改めて思った試合でした。
ふたり一緒にMVPもらえてんと喜び合っているロコ茜に、ほんまに良かったなあ!嬉しい気持ちでいっぱいです。いつもコーチの皆様方にお世話になって本当にありがとうございます。」
古川さん(保護者)


「キャプテンかずき、たくとは、声が出ていて良かった。
初ゲームだったまなとは、ゲームを重ねる毎に責任感が増し、タックルにいっていた。また、相手を倒しきることも出来た。今後、彼の持ち味の、スピード、ステップワークにも期待した
い。
人任せが多かったしんたろうは、自らスペースを見つけて突っ込んで行く姿が見えてきた。すごくうれしい。次のゲームにも期待します。
高学年MVPのさくは、よく走って真っ先にブレークダウンに参加していた。今後は、力強さを身につけて欲しい。」
本村ヘッドコーチ

「暑かったけどkidsたちはみんながんばりました。
ゲームは楽しいとみんな言ってくれたのでよかったです。
次も楽しいゲームになるように練習がんばりましょう。」
金森コーチ

「Kidsは暑さにも負けず元気に楽しく試合をしていました。
初勝利でさらなるモチベーションUPになったのではないでしょうか。
来週からも楽しみながら練習していきましょう♪」
和田コーチ

「新チームでの初めての試合で緊張したと思いますが、のびのびとプレイしていたのではないかと思われます。みんなが試合の中でどんなプレイをしたいとかどんなプレイヤーになりたいというイメージをもってもらいたいと思います。
また私はその手助けになれたらと感じました。これから暑くなりますがまた練習を頑張りましょう。」
関川コーチ


今回も無事に終えることが出来ました。
運営してくださった関係者の皆さん、ありがとうございました。
また、対戦していただいたチームの皆さん、レフリー、応援してくださった皆さんに感謝します。ありがとうございました。

Girl's Rugby Meetingで指導してくださった北尾さん、小堀さん、一緒に楽しんでプレイしてくださったGirlsにも感謝します。ありがとうございました。

今回の滋賀県ラグビー祭の為に、朝早くから高校の皆さんがグラウンド準備をしてくださいました。決勝戦に進出しなかったチームの高校の皆さんでした。後片付けも同様にしておられました。後片付けには、決勝戦に出られた光泉高校と八幡工業高校の方も率先して手伝っておられました。
暑い中の作業にも関わらず、嫌な顔ひとつせずに準備や後片付けをされている姿に、高校生全体で決勝戦をラグビー祭を盛り上げようという連帯感や一体感を感じました。特別なことではなく普通のこととして、陰ながら尽力してくださる姿を見て、改めてラグビーの素晴らしさを感じました。こういう姿勢も見習いたいと思います。
高校生の皆さん、指導者の皆さん、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。

今回の様子をpicasaアルバムにもアップしています。良い写真が多いので、ご活用下さい。
【6月7日のプログラム】
[2014/06/07 18:52:06]

6月7日のプログラム
雨模様の中のプログラムでしたが、たくさんのメンバーが集まり、元気にトレーニングが出来ました。
新しいメンバーが加わり、京都からの飛び入りのメンバーも加わってくれて、にぎやかで充実したプログラムとなりました。来週の滋賀県ラグビー祭(皇子山)でトレーニングの成果が出せる雰囲気を感じました。

「ボールを取り合う練習楽しかったです。」
岩田かずま(年長)

「3対3が面白かった。」
上田あしたか(小1)

「3年生がゲームに慣れてなくて、大変だったけど、来週のゲームは皆で協力して頑張りたい。」
上田りこ(小4)

「今日は、試合形式の練習があってとても勉強になりました。
来週の試合は5年生になってはじめての試合なので頑張りたいと思います。」
松田さく(小5)

「今日は、蒸し暑かったけど、楽しかったです。次のプログラムに参加するのが楽しみです。」
川口まなと(小5)

「相手を止めたり、トライする練習で一度でとめられなかったけど諦めずにまた、相手を止めに行った事を「いいぞ」と言ってもらって嬉しかったです。
今度は、しっかり止めたいと思いました。」
寺田しんたろう(小5)


「同年代の子供達の中で一緒に頑張ってほしいです。」
岩田さん(保護者)

「毎回、プログラムに参加している子供の顔が、生き生きしているのが、うれしいです。」
川口さん(保護者)

「5月は学校行事で参加できなくて残念でした。
良い季節の中、久しぶりに思いっきり走り回りとても嬉しそうにプレイしていました。帰宅しご飯を食べるとコメントする間もなく寝てしまいました(笑)スミマセン!
でも、来週のラグビー祭をすごく楽しみにしていました。
『土曜日の13:30〜以前より習っているスイミングと時間がブッキングしていて、どちらも望夢はやりたいので30分ほど遅刻して申し訳ありませんがよろしくお願いします。』
とお話ししたところ…
関川コーチから『大丈夫!The Antsはそんな事ぜんぜん気にしないチームだから、楽しんで来てくれればそれでいいよ(^_^)』
と、言っていただき本当にありがとうございました。
スケジュール調整に悩んでいましたのでものすごく気が楽になりました。
メンバーの皆様もご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いします。」
藤井さん(保護者)


来週土曜日は、「滋賀県ラグビー祭」です。皇子山に滋賀県のラグビー関係者が集まります。勝ち負けも大事ですが、こういう機会を大事にして、多くの人と交流したいと思います。