THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【The Ants OB】
[2015/05/30 15:02:04]

The Ants OB
本日から春季総体が始まりました。
本日は、一回戦の二試合が行われました。

合同チーム(玉川、比叡山、彦根工業)のメンバーとして、The Ants OBの二人が出場しました!
大伴彰秀(高3)はFLとして、池口槙人(高2)はNo.8として出場し、攻守に渡り活躍していました。
試合は、残念ながら惜敗しましたが、成長した姿を見せてくれました。

また比叡山高校ラグビー部に大久保泰策(高1)、水谷岳(高1)が新たに入部してくれました。これで比叡山高校ラグビー部に四人のThe Ants OBが所属していることになります。

試合会場等で見かけた際には、声をかけてやってください。
比叡山高校ラグビー部の応援もですお願いします!

【5月24日「第10回琵琶湖CUP」】
[2015/05/24 22:18:33]

5月24日「第10回琵琶湖CUP」
今年も恒例の「琵琶湖CUP」に出場しました。「琵琶湖CUP」は、今年で第10回目となります。
The Antsは、第一回からYouthメンバーとSTAFFで参加しています。
今年の大会Tシャツは、ピンクです。2015年をアピールするデザインとなっています。

今年は、OBの中村顕(大2)が久しぶりに参加してくれました。またLake Side Clubから中間さん、初田コーチの同僚の宮路さんも参加してくれました。ありがとうございました。

〈OBのコメント〉
「The Antsで久々にラグビーをやらせてもらえて自分が小学生だった頃を思い出しました。当時はトライが1つも取れず、泣いて悔しがってたのを今でもよく覚えています。
今回、飛び入り参加にもかかわらず周りの皆さんがとても優しくフォローして下さって大変充実した1日になりました。また機会があれば是非よろしくお願いします!」中村顕(OB)

〈ゲストのコメント〉
「この度は琵琶湖カップに参加させて頂きありがとうございました。全くの未経験&知識無しの状態からの参加で戸惑う事もたくさんありましたがThe Antsの皆様に優しく指導して頂きとても楽しくプレイ出来ました。
ラグビーは怖いというイメージがありましたがタッチフットをプレイして実際のラグビーを体験してみたいと思いました!誰しも始める前は怖いと思いますがやってみて初めて分かる楽しさもあるということをThe Antsの皆様に教えて頂きました。
本当にありがとうございました!」宮路さん

「The Ants正規メンバーではない中で、参加させて頂き、ありがとうございました。
年齢・経験値が様々な中で、予選は3敗で最下位でしたが、決勝は4位グループで全勝優勝でき、楽しませてもらいました。」中間さん


予選リーグは最下位で、四位リーグに入ることになりました。
午後からの順位別リーグ戦で見事全勝優勝し、優勝盾をいただきました。
また優秀選手に田中かやと(中2)が選出されました。

〈Youthメンバーのコメント〉
「The Antsにもなかなか参加出来なかったので不安でしたが、トライが出来て嬉しかったです。予選は三敗で悔しかったけど、シールドで優勝できて良かったです。
とても楽しかったです。」大伴かいし(中2)

「午前中は、全敗だったけど、午後からは全勝でいいプレーがいっぱいあったのですごくよかったと思います!来年からは、 たくとも出られるので、活躍を期待しています。来年は、勝利の数をふやしたいです。」池口みくり(中2)

「午前中はどこも強いチームで負けてしまったけど、みんながんばってディフェンスをしていたので、あまり点差をつけられてないと思います。午後からは全勝して、トライもできました。しかもMIPだったのでうれしかったです。
コーチの方々、かいし、みくり、保護者の方々、おつかれ様でした!ありがとうございました。」田中かやと(中2)

〈コーチのコメント〉
「シールド優勝という結果で終われてとても良かったです。それ以上に、かやと、かいし、みくりの中学生三人が去年よりもかなり成長していて、活躍してくれた事を凄く嬉しく思います。
あと、一緒に参加してくれた同僚の宮路さんも、ラグビー初心者ながら、活躍してくれて、楽しんでもらえたみたいなのでとても良かったです。」初田コーチ(Youth&BGs)

「作戦通り!?盾いただきました。ほどよい緊張感もあり楽しかったです(^^)中学生メンバーに助けられましたが・・
来年も身技体磨いて参加できるように頑張ります。」金森コーチ(Kids)
【IMPACT Balls】
[2015/05/23 21:36:50]

IMPACT Balls
この度、Team Adviserの南さん(グリニッジ・エンタープライズ)からIMPACT社製のボールを10球寄贈していただきました。
大事に使わせてもらいます。
南さん、いつもありがとうございます!

IMPACT社は、The Antsオリジナルのヘッドギアなどで利用しています。
【5月23日「CHALLENGE 2024」】
[2015/05/23 19:17:19]

5月23日「CHALLENGE 2024」
本日は、滋賀県協会主催の国体事業「CHALLENGE 2024」が行われました。
この事業は、九年後に開催されるびわこ国体に向けた強化事業で、小学1年生〜3年生が対象です。未来の滋賀県代表を育てる事業です。

The Antsからは、12名が参加しました。

他のスクールの同年代のメンバーと共に充実したトレーニングが出来ました。
これを機に交流も深めて、滋賀県全体で応援する代表チームに成長して欲しいと思います。

指導は、
堺祐介さん(滋賀学園高校)
奥村亮さん(彦根工業高校・The Ants)
松下大輔さん(あそうクリニック・東レアローズ)
にしていただきました。ありがとうございました。

〈メンバーのコメント〉
「知らない人がいっぱいいてびっくりした。走りが早くなりたい!鬼ごっこが楽しかった!!またしたい!」小寺いちし(年長)

「試合では好きなタックルができて楽しかった。
パスとかもっとうまくなりたいです。」伊東えいごう(小2)

「練習が始まるまでに、皆でタックルバッグとかで遊んだのが楽しかった。
2対2のゲームが楽しかった!トライが一回しかできなくて、悔しかった。他のチームの人とゲームが出来て、楽しかった!」上田あしたか(小2)

〈保護者のコメント〉
「たくさんのクラブチームが滋賀にもあることを知ることが出来ました。お兄ちゃんにも少し名前を覚えてもらったようで、異年齢での関わりを体験させてもらいありがたいです。
話を聞けるようになることやみんなでするスポーツの楽しさを声をかけをしたり見守れたらいいなと思います。」小寺さん
【5月23日のプログラム】
[2015/05/23 19:15:08]

5月23日のプログラム
本日は、滋賀県協会主催の国体事業「CHALLENGE 2024」が行われた為、高学年のみのプログラムとなりました。

Youthメンバーが多かったので、迫力あるゲームが展開されました。

また、二人のプログラム体験がありました。始めは少し緊張気味でしたが、動き出してると、どんどん自分からプレイすることが出来ました。最後には簡易ゲームもすることが出来ました。
今日は参加してくれて、ありがとうございました!

〈プログラム体験のコメント〉
「ラグビーボールの大きさが思ってたより大きかったのが最初の驚きでした。
四人でパスをしたのと目隠しして相手の声だけで進むのと、1対1でするのが楽しかったです。ジグザグのリレーも楽しかったです。
ボールの掴み方や投げ方が難しかったです。今日はありがとうございました。」植田りゅうく(小5)

「実は過去に数回、遠くからですが練習風景を観させていただいたことがあります。
その時、子供たちが生き生きとプレーしていたこと、コーチ陣が良いプレーをしっかり褒めておられたこと、そして沢山の大人が見守り安全に練習されていたのを観て、ここで練習させたいという気持ちを持ちました。
実際に練習に参加させていただき、間違いなかったと今日改めて思いました。
ジュニアのスポーツも近年競技志向が高くなり、楽しさは置き去りになっているチームが多くなっているように感じます。自信をなくし、監督に怒られないようにプレーする子供をみると心が痛くなります。勝って得られこともありますが、ジュニアのこの時期に学ばないといけないのは『スポーツの楽しさ』と『仲間の大切さ』だと思います。このことが成長するにつれ大きな意味を持つと思います。
また練習に参加させていただきたいと考えております。大人もお手伝いで参加して良いとホームページで見ました。機会があればお手伝いさせてください。」八木さん(保護者)

〈メンバーのコメント〉
「目隠しの相手を声だけで誘導するのは難しくて大変でした。
大きな声を出すのはもちろんだけど、ちゃんと指示できるようにラグビーの練習でも声を出していきたいです。」新名あやね(小5)
←「その通りですね。声だけで自分の思い通りに相手を動かすのはとても難しいですね。
でも、伝えかた一つで大きく違ってきます。
ラグビーだけに限らず、団体競技では選手同士のコミュニケーションが一番大切です。
例えば、味方のボールキャリアにしっかりフォローし、パスをもらってトライという状況が訪れても、味方に自分の場所を認識してもらっていなければ、パスは来ませんし、トライも生まれません。
感じてもらったように、先ずは大きな声、具体的にどうして欲しいのかをしっかり伝えられるように頑張って下さい!
それがチームのためでもあるし、あやねのためです。
チームとしてのトライも欲しいですが、私はあやねのトライが見たいです!!」本村HC(Youth&BGs)

「ステップとタックルの練習が楽しい。
アイマスクの練習が楽しいから、またやりたい!」上田りこ(小5)
←「苦手なところのレベルアップも大事ですが、いま楽しいと思うことは特に頑張りましょう!!
アイマスクを使った練習で感じたと思いますが、しっかり大きな声で誘導してもらわないと不安です。
ボールを持っていない時も声で味方をサポートしてあげましょうね。」本村HC(Youth&BGs)

〈コーチのコメント〉
「五年生以下で行った『1対1のステップ練習』では最初から鋭いステップを切れるメンバーや、なかなかうまくいかないメンバーがいましたが、みんな途中からだんだんとスピードが上がってきました。
今後試合を意識しながらさらに練習していこう!」上田純平コーチ(Kids)
【5月16日のプログラム】
[2015/05/16 20:00:22]

5月16日のプログラム
夜の雨の影響も少なく、快適な気温でした。今日も元気にトレーニングが出来ました。

また、今回は新たな試みである「ラグビーって楽しいんですね!」を行いました。保護者の方に実際にプログラムを体験していただき、ラグビーの楽しさや魅力を感じて、より身近にラグビーを感じて欲しいと考えました。子供さんとのラグビー談義もレベルアップするのではないでしょうか。
今回は、5名の保護者にKidsチームのトレーニングに参加していただきました。
皆さん軽やかに動かれ、ハンドリングも難なくこなしておられました。一緒にトレーニングをしたメンバーは、一緒にやれることを喜んで、いつも以上に活発にプレイしてくれました。

今回は、OBの池口槙人(高2)が来てくれました。彼は、比叡山高校ラグビー部に所属し、チームの中心プレイヤーとして大活躍しています。
体が大きくなり、ラグビープレイヤーらしくなりました。後輩の指導を丁寧にしてくれている姿にも成長を感じました。
ありがとう。また遊びに来てください!

「今日は、久しぶりに練習に参加しました。現在は、高校2年ですが、初めてアンツでラグビーをしたのは小学校1年生の時でした。その頃と比べると、人数も増えていたし、ラグビーらしい練習をしているなぁと思いました。」池口槙人(高2)


〈メンバーのコメント〉
「色んな大人の人とラグビーが出来て楽しかった。」上田あしたか(小2)
←「コーチ以外の人とする事で、学ぶことがたくさんあると思います。練習中は声をだして、みんなを盛り上げていこう。」河合コーチ(Kids)

「今日は、大人の人が一緒にラグビーをしてくれていたので楽しかったです。これからもラグビーを頑張りたいです。」古川ろこ(小5)
←「今日の5年生チームは、スピードに乗ってパスを回せていてとても良かったです。
次はこれにプラスして早いパス回しを頑張っていこうね。」本村HC(Youth&BGs)

〈保護者のコメント〉
「今日はありがとうございました。
子供たちの力強さに驚きました!普段二時間しっかり体を動かしているんだなぁと、身をもって感じられたので良かったです!」小寺さん

「見ているよりは、絶対参加した方が楽しいし、難しさもわかります。身体が思うように動かないのが悲しかったぁー。子供達が楽しそうに練習してる笑顔を見て元気をたくさんもらいました。本日は、ありがとうございました。」池口さん

「今日のプログラムを、いつも以上に楽しみにしていたのに、バタバタとアンツに行くことになってしまって、自分も参加なんていう余裕がなくなってしまいました。次回こそは参加させてもらえるようにと楽しみにしています。
皆さんとっても楽しそうでした!!」古川さん

「初めてでしたが、楽しく参加させていただきました。
ラグビーのボールの形に戸惑いましたが、コーチのアドバイスで少しはなれることができました。コーチの配慮で軽めの運動量でしたので身体のほうもダメージは少な目ですみました(笑)。
機会があればまた参加させてもらいたいと思います。」野阪さん

「子供達が活き活きと取り組んでいる中参加させていただき、ありがとうございました。元気を分けてもらいました。また、参加したいと思います。」大久保さん

〈コーチのコメント〉
「ラグビーはたくさんの人数でするスポーツです。声を出すことは、とても大事です。練習からもっと声を出していきましょう。
」岩田コーチ(Jr.)

「今日のメニューの中でパスの練習や4対1はコーリング(声を出すこと)がとても重要です。
『いつ・どこに・どんな』パスが欲しいのか味方に伝えるためのコーリングをしていきましょう!」上田純平コーチ(Kids)

「今日は、新企画で保護者の方にプログラムに参加していただきラグビーを楽しんでいただきました。
実際に楽しんでいただけたかはわかりませんが、ラグビーボールの扱いにくさ、しんどさ等は感じていただけたのではないかと思います。ラグビーは、しんどく、時には恐く、痛い思いもすることがあります。お子さんたちはこう言う思いをしながらも、プログラムに参加しラグビーを楽しんで(頑張って)います。

是非とも、保護者の方には、お子さんの1番のファンとなって、応援していただきたいと思います。」本村HC
【5月9日のプログラム】
[2015/05/09 19:11:50]

5月9日のプログラム
今日は小雨がぱらつく中で、スロースタートでしたが、次第にいつもの元気が出てきました。
今回から保護者席を用意しました。是非ともご利用ください。

〈メンバーのコメント〉
「始まりのみんなでするのがよく分からん、難しいからうまくなりたい、今日も頑張ったと思う。」小寺いちし(年長)
←「分からないことを『分からない』と言えました。自分で伝えたり、ヘッドギアを自分で着けたりと成長を感じます。どんどんチャレンジしよう!」上田コーチ(Kids)

「試合が楽しかった!トライできた!」八田こうすけ(小1)
←「ハンドオフのコース取りと手を出すタイミングはとても良かったです。その後のメニューでもハンドオフを使おうとチャレンジ出来ました。ちゃんと話を聞けるともっと上手になりますよ。」上田コーチ(Kids)

〈保護者のコメント〉
「毎週土曜は『今日はラグビーあるん?』と聞くようになりました。集中が切れてダラダラとする時間もあると思いますが、これからもお兄さんら周りを見る力がついてくれるといいなぁと思います。今日もありがとうございました!」小寺さん

「今日も楽しかったようですギリギリのところで試合に勝てた!と興奮して話してくれました。コーチに上手になってきたなって褒めてもらえたと喜んでいました。
なかなか毎回参加できてませんがメンバーのみんなとも楽しくプレーしているようでチームにも馴染めてきたのかなとうれしく思います。」八田さん

〈コーチのコメント〉
「今日は少し練習中の声が足りなかった気がします。
ラグビーはチームでプレーする競技なので、『声、コール』は、とても大切な事です。ボールを欲しい時に、コールがないとボールはもらえません。ディフェンスの時もノミネートの声がないと誰を見ているかわかりません。
個人の力も大切ですが、チームワークも大切です。次の練習からはプレー中の『声』と言うのを意識して練習に取り組んで下さい!」初田コーチ(Youth&BGs)


来週5月16日(土)のプログラムでは、新しい企画「ラグビーって楽しいんですね!」を行います。
保護者の方にプログラムの内容を体験してもらうという企画です。ラグビーの楽しさを実際にやってみることで実感してもらいたいと思います。もちろん無理のない内容を考えています。
是非ともご参加ください!参加賞も用意します!動きやすい格好をご準備ください。
これを機に今まで以上にラグビーを身近に感じて、ラグビーの楽しさを感じてください!よろしくお願いします。
【5月3日「立命館大学ラグビー部フェスティバル キッズスクール」】
[2015/05/03 22:29:24]

5月3日「立命館大学ラグビー部フェスティバル キッズスクール」
今年もGW恒例の「立命館大学ラグビー部フェスティバル キッズスクール」に参加しました。
晴天にも恵まれ、天然芝の良い環境で、立命館大学ラグビー部の皆さんに指導していただきました。

学年別の各カテゴリーで、笑顔が絶えない楽しいメニューを用意していただきました。体がはるかに大きなお兄さんたちが、子供たちの目線に合わせてもらい、一緒になって動いていただけました。

〈メンバーのコメント〉
「たくさんお兄ちゃんがかまってくれて、全部楽しかったです。」岩田かずま(小1)

「大学生のお兄ちゃんが、タックルバッグを使ってタックル練習した時に、上手いなあって言ってくれはったり、すごく優しくいっぱい遊んでくれはってめっちゃ楽しかった!!」古川せんのすけ(小2)

「久しぶりにラグビーをして一番楽しかったのは、ボールを持ってフェイントの練習をしたことです。
立命館大学のお兄さん達は強くてカッコよかったです。
ありがとうございました。」藤井のぞむ(小4)

「いろんなスクールの子とラグビーができて楽しかったです。
大学生のお兄さん達にタックルの入り方が上手と誉められたので、もっと練習して上手くなりたいです。」新名あやね(小5)

「大きいお兄さんたちにたくさん教えてもらったし、ゲームも楽しくて嬉しかった。
これからのアンツの時に生かせるように頑張りたいです。」古川ろこ(小5)

〈保護者のコメント〉
「爽やかな季節、今年もラグビー祭に参加させていただきありがとうございました。
他チームですが、幼稚園の頃のお友達に会えるのも恒例になりました。
毎年迎えてくださる立命館大学の方々に大変感謝しております。」藤井さん

〈コーチのコメント〉
「いい天気の中、みんな楽しんでたように見えました。
大学生は一つ一つのプレーに声を掛けて優しかったですね。」岩田コーチ(Jr.)

「良い天気いい芝のグランドで、子どもたちは立命館大学ラグビー選手と一緒に楽しく練習ができました。また機会あれば参加したいですね。」金森コーチ(Kids)

帰る際には、参加者全員にオリジナルクリアファイルをプレゼントしていただきました。皆大喜びでした。
立命館大学ラグビー部の皆さん、本日はありがとうございました。またよろしくお願いします!