THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【12月28日「花園へ行こう!」】
[2015/12/28 19:54:13]

12月28日「花園へ行こう!」
アンツメンバー有志で、東大阪市花園ラグビー場で開催されている「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会」の観戦に行きました。また、滋賀県代表として出場されている光泉高校の応援もしました。
光泉高校と東海大相模高校の手に汗にぎりるゲーム展開に子供たちの応援にも力が入っていました。
光泉高校ラグビー部の皆さん、1回戦突破おめでとうございます。

ラグビーにも様々なプレイスタイルがありますし、皆がここを目指す必要はありませんが、このハイレベルなステージのラグビーを生で観戦できたことは、メンバーにとって良い刺激になったのではないかと思います。

今回の活動を持ちまして2015年のアンツの活動は終了しました。
今年もアンツに応援、ご声援いただきました皆さま、ありがとうございました。
お陰様で子供たちは昨年よりもまた一つ大きく成長してくれました。
来年もよろしくお願いします

〈メンバーのコメント〉
「みんなと試合を観られて楽しかったようです。友達同士であのタックルがすごいとか言いながら、あんな風に僕もやりたい!と思うようになったみたいです。
特に光泉高校の試合は同点だったからどうなるかな?と思ったけど、最後に決めたゴールがかっこ良かった。
昨日は大学、今日は高校の試合を観れてすごくよかった。また行きたい!」大原ゆうた(小3)

「花園へ試合観戦に行って、みんなでラグビーをみました。
たくさんのチームがすぐタックルしていたので、私もすぐに強くタックルしたいと思いました。
帰りの車も、行きの車もすごく楽しかったです。」古川ろこ(小5)

「高校生の気持ちの入ったタックルは強烈でした。都道府県代表になるのはなかなか難しいと思うけど、僕も強烈なタックルを身につけて、将来この大会に出場したいと思います。」本村たくと(キャプテン・小6)
【12月27日「大学選手権セカンドステージ」】
[2015/12/27 20:02:26]

12月27日「大学選手権セカンドステージ」
皇子山競技場で大学選手権セカンドステージの二試合が行われました。
その試合の前に同志社大学ラグビー部によるラグビークリニックが開催され、アンツのメンバーも参加しました!

学年によって、いくつかに分かれてのクリニックでした。
同志社大学ラグビー部の皆さんは、とても親切に指導してくださり、終始楽しい雰囲気で進めてくださいました。
このようなクリニックにも理解を持ち、実際に継続して実施されているところにも同志社大学ラグビー部の強さと魅力が現れていると感じました。

同志社大学ラグビー部の皆さん、ありがとうございました!

〈メンバーのコメント〉
「お兄さんたちが優しくて、みんなでゲームして楽しかったです。」岩田かずま(小1)

「大学生に教えてもらったので、また上手になったと思った。」河合りゅうま(小1)

「いつもと違うコーチだったけど、楽しかった。」西山えいき(小2)

「いつもの練習より、軽かったです。もっとハードな練習がしたかったです。 試合観戦は、松井選手のトライが見れなくて、残念でした。」河合げんき(小3)

「同志社大学のクリニックでは、いろんなリレーをしました。すごく楽しかったです。
また会いたいです。」古川ろこ(小5)

〈保護者のコメント〉
「久し振りに子供のプレイをじっくりと見る議会に恵まれ
大きな相手にも果敢に挑む姿勢であったり
プレイ以外では相手を思いやる姿が見受けられたりと、成長を感じる1日でした。」東山さん

「今日は私も大学ラグビーを観戦しましたがあの迫力とかボールの動きの速さにただただすごい、と思いながら観ていました。今までルールとか全然わかっていなかったのですが、何度か観戦していて少しだけ理解できてきました。今回は少し遠いところからだったので次回はもう少し近くで観てみたいと思います。」大原さん


このクリニックの模様は2015年12月28日(月)の京都新聞にも掲載されています。是非ご覧ください。
【12月19日のプログラム】
[2015/12/19 15:39:29]

12月19日のプログラム
2015年最後のプログラムは、小雨が降る中でしたが、元気にトレーニング出来ました。
ゲーム形式のトレーニングが増え、その後のゲームで確認が出来ました。

The Ants OBの畠山尚也(大学1年生)が、オフを利用して、後輩たちのトレーニングを見に来てくれました。そして、後輩たちに「ラグビーを楽しんで欲しい」とメッセージをくれました。畠山先輩は、現在も大学でプレイを続けています。

プログラム後には、恒例のクリスマスプレゼントをもらいました。

〈メンバーのコメント〉
「ゲームでトライ出来てうれしかったです。」岩田かずま(小1)
←「ゲームでトライできるということは、しっかりとボールをもらいに行けてるということですね。
これから寒くなっていきますが、頑張って練習に参加してください。」河合コーチ(Kids)

「練習試合で勝てた事が、うれしかった。」河合りゅうま(小1)
←「今年もプログラムを通してラグビーがどんどん上手くなりましたね。続けて練習していけば、さらに上手くなれますよ。来年もがんばりましょう。」奥村コーチ(Kids)

「とても楽しかったです。前よりも上手くなった気がします。これからも、もっと練習したいです。」西山えいき(小2)
←「しっかり練習していけば、まだまだ上手くなりますよ。あせらずに、ゆっくりで良いので、一緒に練習していきましょう。この時季は、たくさんゲームを観ることが出来ます。上手い人の真似をしてみるのも良いと思いますよ。」上田コーチ(Kids)

「56年生と試合をして、上手だと思いました。もっと上手になれるようにがんばって、練習したい。」河合げんき(小3)
←「ボールを持った時のスピード・力強さは 上級生に負けていなかったですね。元輝の 武器(長所) だと思います。
これからの練習では元輝の 武器(長所) をどんどん伸ばしていこうね。」新名コーチ(Jr.)

「今日は、少し雨が降っていましたが、しっかり練習することができて嬉しいです。
2015年のアンツは、今日で終わりましたが来年もしっかり頑張りたいです。クリスマスプレゼントもらえて、嬉しかったです。」古川ろこ(小5)
←「5年生もあと少し、4月からはアンツの最高学年となりますので、後輩たちをリードしていかなければなりません。頑張って下さいね!」本村HC(Youth&BGs)

「今日は今年最後の練習でした。
来年は今年よりも上手になりたいです。
ボールをしっかり取れるようになって、どんどん前へ出られるようになりたいです。」新名あやね(小5)
←「ミニゲームでは持ち味の強いコンタクトも発揮できていたと思います。
上達への早道は、自分の得意な形、好きなプレイを作ることです。良いところをどんどん伸ばしていけば、他のプレイのレベルも上がりやすくなります。
足腰の強さを活かしたコンタクトは、今のあやねの強みだと思います。それを活かすには、高さやスピードは十分か?正面から当たるのと、ディフェンスの間を突破するのとどちらがうまく行くか?来年はどんどん試していこうね!」伊東コーチ(Youth&BGs)

「途中で雨が降ったり、やんだりしてややこしい天気だったけど、最後までできてよかった。
ハーフスタンド、ウィング…の練習のやり方がわかってよかったです。また、少しでも上手くなれるよう来年も頑張ります。」寺田しんたろう(小6)
←「ラグビーはとにかく全身を使うスポーツなので、今日くらいの天気がちょうど良かったかな?
ポジションを意識しながら練習することは、自分の役割を意識しながら練習することにつながります。
ラグビーではボールを前に投げられないから、いつも自分が前に出ることを考えないといけません。
パスもキャッチも全部、どうすれば味方が前に出られるか、考えながらプレイするとどんどんうまくなります。
ミスすることを怖がらずにどんどん新しいことにチャレンジしてどんどんうまくなろうね。」伊東コーチ(Youth&BGs)

〈保護者のコメント〉
「前日から練習を楽しみにしていました。今日も、とても積極的に見えました。寒い中、頑張りました。」西山さん

〈コーチのコメント〉
「高学年ゲームではもっと声を出して、コミュニケーションを取りましょう。」岩田コーチ

「年内のプログラムが終了しました。まだまだチームとしてはバラバラ感があるものの一人ひとりをみてみると、大きく成長をしていると感じています。
今後頑張って欲しいことは、ラグビーの理解を深めることです。
体に覚えさせることも必要ですが、頭でラグビーを理解することの方がもっと大切です。また、理解することでプレーの幅も広がります。
ラグビーは団体競技です。チームのためにもっともっとラグビーを勉強して下さい。」本村HC

2015年は、ありがとうございました。2016年もよろしくお願いします。
【12月5日のプログラム】
[2015/12/05 18:27:02]

12月5日のプログラム
今回のプログラムも好天に恵まれ、充実したトレーニングが出来ました。
コンタクトにも慣れてきたので、プレイに力強さがついてきました。

また、女子メンバーは「CHALLENGE2024」に参加しました。県内の各スクールやタグのチームからメンバーが集まり、九年後の滋賀県代表を目指します。今回も北尾卓也さん(BREEZE)、小堀文雄さん(BREEZE)、大本亜美さん(BREEZE)の指導を受けました。
今回は、20名ほどの参加があり、いつも以上に良いトレーニングが出来ました。

〈メンバーのコメント〉
「ボールをキックする練習が面白かった。」藤森こうし(年中)
←「寒い中、よく頑張ってましたね。ディフェンスが上手にできてましたね。
五郎丸ポーズも格好良かったですよ。」河合コーチ(Kids)

「タックルの練習が一番楽しかったです。前の練習よりもうまく出来たから。これからもっと練習して、もっと上手くなりたいです。」西山えいき(小2)
←「連続で練習したので、前回とくらべものにならないくらい上手くなってたよ。
悔しい思いをしたかもしれないけど、もっと練習するエネルギーになるから、その悔しい思いはとても大切なことです。
まだまだ上手くなるよ!」上田コーチ(Kids)

「ぜんぜん、いってなかったラグビー、練習にいってから楽しんで練習する事ができました。これからは休みなく頑張りたいです。」川口まなと(小6)
←「今日は本当に楽しみながら練習しているのがよくわかりました。
ラグビーは、人に指示されるのではなく、自分でいろんなことを考え、チャレンジできる楽しいスポーツです。楽しむなかで、どんどん新しいことに挑戦すれば、プレイも上達します。上達すると、またさらに楽しくなります。
これから寒くなるけど、ラグビーを目一杯楽しもう!
」伊東コーチ(Youth&BGs)

「ラグビーで、国体の練習をしました。始めに、まっすぐ歩きながらパスをする練習で、しっかりもらったりパス出来るようになって嬉しかったです
次も頑張りたいです。」古川ろこ(小5)
←「 団体球技において、パスは最も重要です。この調子で頑張ってパスの技術を磨いて下さいね。」本村HC(Youth&BGs)

「今日は少し暖かかったので練習しやすかったです。
2対1でパスが少し後ろめになっていたのでそこを直していきたいです。
ミニゲーム中に、ラックでボールをとられるシーンがあったので、ラック練習をがんばります。」田中かやと(中2)
←「歳上なので気を使う事がたくさんありますが、基本はとても大事なので、廻りに流される事なく、しっかりと練習の内容を把握して基本を忠実に頑張って下さい!」深田コーチ(Youth&BGs)


〈保護者のコメント〉
「長い間、お休みしていましたが、ワールドカップを見て、自ら練習したいと言い出しました。とても楽しんでいます。続けてほしいものです。」西山さん


そろそろ本格的に寒くなる頃です。昨年の冬も連絡しましたが、
防寒対策と怪我防止のため、次のものをご用意下さい。
・滑り止めのイボ付き手袋
・出来るだけチャック無しの防寒着(ピステタイプ)
手が冷たくなると、ポケットに手を入れるようになり、とっさの行動がとれない等の支障が出たり運動量が落ちます。また、コンタクトプレイでは、チャックが自身や他のメンバーを傷つけることがあります。
主旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。

次回のプログラムでは、ささやかですがクリスマスプレゼントを準備する予定です。