THE ANTS The Antsとは
クラブチーム The Ants オフィシャルサイト

最近の記事

バックナンバー
【2月26日「Link Up企画」】
[2017/02/26 20:31:37]

2月26日「Link Up企画」
本日は、近江八幡RSさんと東近江RSさんのお誘いを受け、「Link Up企画」として布引グリーンスタジアムにて合同練習を行いました。
The Antsからは有志の3人が参加しました。

〈メンバーのコメント〉
「今日は近江八幡RSさんと東近江RSさんと一緒に練習しました。何度か一緒に試合もしているので知っている人もいたし練習中も声を掛け合ってできました。ADでは一直線に前へ行くだけでなく、回りを見てステップを使ってプレーするように言われたけどなかなかできませんでした。試合まで残り少ないけど、少しでもステップができるようになって相手を抜いて外へパスできるように頑張りたいです。」新名あやね(小6)
→「コミュニケーションを取り、たくさんボールをさわれていたと思います。
アタックにおいては、練習でやっている通りです。
『練習で成功の経験を積み、試合で使う。それから試合で成功させる。』来週土曜日の練習で頑張って成功させよう!!」本村HC

今回このような機会を与えてくださった近江八幡RS、東近江RSの皆さん、ありがとうございました。3/5のスクール交流会でも合同チームとして一緒にプレイすることを楽しみにしています。


この度、これまで使っていただいていたGoogleフォトへのアクセス方法を変更しました。(既に変更済み)
変更後は、これまでのアンツのGoogleアカウントでのログインは必要ありません。

これからは写真をアップした際に、共有アルバムのリンクをお知らせします。そちらからアクセスしてください。
また、共有化していますので、皆さんが撮影された写真をアップして共有することも可能になります。
これまでのように、アルバムの使い方は、皆さんの良識にお願いする他ありません。主旨をご理解いただき、どうぞご協力をお願いします。
【2月25日のプログラム】
[2017/02/25 19:32:00]

2月25日のプログラム
本日のプログラムは、暖かで絶好のラグビー日和でした。メンバーは、元気に体を動かし、ラグビーを楽しみました。

今回も新たなメンバーが入会してくれました。松村ほだかくん(小3)です。The Antsでラグビーを楽しんでくださいね!

〈新加入メンバーのコメント〉
「本日は、本当にありがとうございました!
事前のご連絡もせず突然の訪問、誠に申し訳ございませんでした。いきなりの訪問にも関わらず、コーチ、メンバーの方々に温かく迎えて頂き、本当に感謝申し上げます。
練習後の第一声が『楽しかった!!』本当に皆様のお陰です。お友達にも声掛けをして頂いたり、コーチからもご丁寧なご指導を頂き、本人も直ぐに打ち解けた様です。
素晴らしい仲間、環境、そしてコーチの元でプレー出来る事を本人も凄く楽しみにしております。すでに、明日も朝練をする!!と意気込んでおります(笑)
そんな彼を私も出来る限り応援し、力になれたらと思います(^-^)どうぞ、よろしくお願い致します…。」松村さん(保護者の)

〈メンバーのコメント〉
「鬼ごっこのとき捕まったのが悔しかったです。」小寺いちし(小1)
→「今度は捕まらないように逃げきってくださいね。
最近、いちしの本気モードがいっぱい見れてうれしいです。」岩田コーチ

この度、これまで使っていただいていたGoogleフォトへのアクセス方法を変更しました。(既に変更済み)
変更後は、これまでのアンツのGoogleアカウントでのログインは必要ありません。

これからは写真をアップした際に、共有アルバムのリンクをお知らせします。そちらからアクセスしてください。
また、共有化していますので、皆さんが撮影された写真をアップして共有することも可能になります。
これまでのように、アルバムの使い方は、皆さんの良識にお願いする他ありません。主旨をご理解いただき、どうぞご協力をお願いします。
【2月18日のプログラム】
[2017/02/18 20:07:51]

2月18日のプログラム
本日のプログラムも寒さや小雨に負けず、元気に体を動かし、ラグビーを楽しみました。

今回も新たなメンバーが入会してくれました。松田真育くん(中2)です。The Antsで楽しく練習して、所属チームで活躍出来る手助けをしたいと思っています。


〈メンバーのコメント〉
「初めてのボール取りゲームは一回も勝てなかったので、次は勝てるように頑張りたいです。」竹口なおき(小1)
→「ボール取りは力の差や、コツもあるので練習どんどんして取れるようにいっしょにがんばろ〜!」金森コーチ

「ラグビーの練習では、そんないっぱい本気出してタックできないけど試合では、本気を出して一回でもタックルをしたいです。」古川ちこ(小1)
→「練習から安全なタックルをやってみよう。練習でできるようになれば試合でもタックルできるようになりますよ。
次の試合向けて頑張って練習していこうね。」新名コーチ

「アメフトの練習で、スペースに走りこんで大きな声を出し、ボールをもらうコツが、わかったので、試合でも声を出し、自分がここにいるということをもっとがんばりたいです。」古川せんのすけ(小4)
→「練習のねらいはよく理解できています。
ゲームの中でグラウンド全体を見てスペースを見付けることがラグビーではとても重要です。ボールだけではなく常に全体を見るよう、次の練習からもこの調子で頑張ろう。」関川コーチ(小3)

「コンタクトの練習で誉めてもらえて嬉しかったです。ハンドオフはしっかり相手の肩口を見て飛ばせるようにと教えてもらったので、しっかりできるように練習していきます。」新名あやね(小6)
→「ハンドオフについては、まず相手としっかり勝負することです。相手を交わしきれなかった時、走り勝てなかった時などにタックルを避けるために使います。
コンタクトもハンドオフもヒットする(させる)ポイントがとても重要です。ポイントが外れると逆に捕まってしまいます。あやねのヒット、突進力は素晴らしいものがあります。このポイントを速く掴み更なるスキルアップを目指して下さい。」本村HC

「足首を柔らかくすると、走りが速くなるから足首を柔らかくしたいと思います。」古川ろこ(キャプテン・小6)
→「股関節の可動域を広げることも重要ですので、日々のストレッチも頑張って下さいね。」本村HC

「今日はありがとうございました!
ヒットの仕方は前よりも上手くいくようになりました。
これからもできることをもっと増やしていきたいと思っています。
細かい動きも考えながらプレーをできるようになりたいと思います。」西澤賢佑(中1)
→「今日の練習では、体の芯でしっかりとヒットできるようになってきましたね。
前よりも声も出るようになってきましたし、練習の目的をしっかり理解しながら取り組めていたと思います。
遠慮することなく、もっと大きな声を出せるようになると、周りをより確実に動かすことができるのでプレイの幅ももっと広がってくると思います。
どんどんチャレンジして、更にレベルアップしようね!
」伊東コーチ

ジャイアリーの入院生活は、もうしばらく続きそうです。
元気に戻ってきたら、Kidsメンバーと一緒にラグビーを楽しみましょう!

今回の写真もGoogleフォトにアップされています。
良い写真がたくさんあります。是非、ご覧ください。
ご利用は、皆さんの良識にお任せしています。よろしくお願いします。
ログイン方法が分からない方は、ご連絡ください。
【2月11日のプログラム】
[2017/02/11 21:52:03]

2月11日のプログラム
本日のプログラムは、大雪が予想されましたが、タイミングの良い晴れ間のお陰で無事に実施することが出来ました。

また、Challenge2024(少年の部)が並行して実施され、小学2〜4年生が参加しました。
ラグビーの指導は、堺裕介さん(滋賀学園高校)、奥村亮さん(膳所高校)が指導してくださいました。トレーニングの指導は、松下大輔さん(あそうクリニック)が指導してくださいました。

今回も新たなメンバーが入会してくれました。西澤賢佑くん(中1)です。The Antsで楽しく練習して、所属チームで活躍出来る手助けをしたいと思っています。

〈新加入メンバーのコメント〉
「部活だけでは他の人との差が開かないので、その分努力しようと思い入会しました。
これから精一杯努力して、上手くなっていけたらなと思っています。よろしくお願いします。」西澤賢佑(中1)
→「ようこそTheAntsへ!
ラグビーに限らずどんなスポーツも基本が大切です。今日もオーバーやセービングといった基本的なプレイ練習をやりましたが、一つ一つの基本的なプレイの中から自分の得意なものを一つでも見つけることが自信になり武器になります。
また、ラグビーはとにかくしんどいことの多いスポーツですが、楽しみながらプレイできるようになると、視野もプレイのは幅も大きく拡がります。
これから、楽しみながらラグビーに取り組むことを通じて、得意なプレイをどんどん増やしていこう!」伊東コーチ

〈メンバーのコメント〉
「昨日はけがする前は楽しかったです。タックルはしてないけど、おにごっこでさいごまで残れて嬉しかったので楽しかったです。」古川ちこ(小1)
→「ちょっとメンバーと、ぶつかってしまって、痛かったですね。
見ていてもわかるくらい、足が速くなってますね。相手をかわす時、ラグビーのステップになってましたよ。」岩田コーチ

「昨日はチャレンジ2024年で、同じ学年、ちがう、チームの人とぺアを組んでやったことが楽しかったです。そしてタックルをいっぱいがんばれなかっだから、頑張りたいです。」古川せんのすけ(小3)
→「しっかり声を出してコミュニケーションを取れていたので楽しく出来たんだと思いますよ。
タックル頑張るなら早めにグラウンド行って個人練習付き合いますよ!」嶋田コーチ

「始めと、終わりでやったアメフトがちょっとむずかしかった。
タックルの練習では、胸から当たることで強くなるからやると、今までよりも強く当たれた。でも、試合では捕まえることしかできなかったから頑張って行きたいと思う。」古川ろこ(キャプテン・小6)
→「変わったゲームですが、説明したように遊びではなくしっかり目的があります。
それはラグビーにも通じますので頑張って下さい。
タックルは、様々なタックルがあり、肩をヒットさせる場合もありますが、現状では胸を当てるタックルをマスターしましょう。
相手を倒して初めてタックルです。手で捕まえているのは、タックルではありません。
ある高学年のゲームでのタックル数をカウントしたことがありますが、ゲーム時間24分中、102回のタックルがありました。(タックルミス含む)1人でみると、5、6回になります。
ロコはこのうち何回相手を倒すことができているでしょう?確率が多いほど、チームに貢献できていることになります。この確率を上げるために練習で頑張って強くなって下さいね。」本村HC

〈コーチのコメント〉
「スペースに走り込む意識とアシストの意識が強化されるゲームでした。
コンタクト練習では芯にあたるヒットが増えてきて次回の試合がたのしみです。」松田コーチ
【2月4日のプログラム】
[2017/02/04 19:44:42]

2月4日のプログラム
本日のプログラムは、春のような陽気の下、みんな元気にラグビーを楽しみました。

竹口なおき(小1)が新たに入会してくれました。また、ふうた(年中)がプログラム体験に来てくれました。
なおき、これから一緒にラグビーを楽しみましょう!
ふうた、今日は来てくれてありがとう。気に入ってくれたら、次回以降にも来てくださいね。

小6の二人は、challenge2024(女子の部)に参加しました。
受験生の田中夏野登(中3)は、勉強のモチベーションを上げる為に久しぶりにプログラムに参加してくれました。高校での活躍を期待してます!青と
瀬田北中学校の二人もプログラム体験に参加してくれました。メンバーにとっては良い刺激になりました。また来てくださいね。

〈新加入メンバーのコメント〉
「みんなで手をつないでいく鬼ゴッコができて楽しかったです。」竹口なおき(小1)

「親子で今年初ラグビー楽しませていただきました。先輩チームメイトが親切に後輩へアドバイスするなどみんな笑顔でラグビー楽しんでいる姿が印象的でした。」竹口さん(保護者)

〈メンバーのコメント〉
「タックル・トライが、とても楽しかったです!
今日は、すごくいいあせをかいたので、とてもいい気もちでした!来週もがんばります!ありがとうございました!」野村みちこ(小2)
→「今日も元気いっぱいでラグビーを楽しんでくれてコーチもうれしいです。
練習が始まる前にキックの練習をしているみっちゃんを見てたのもしく思いました。これからもアンツの仲間と楽しくラグビーをしようね。」新名コーチ

「中学生のお姉さん達と一緒に練習しましたが、走るスピードも速くてついていくので必死でした。タッチフットで相手を走って抜く事もできたしお姉さん達に負けないように走ったり大きな声を出していきたいです。」新名あやね(小6)
→「中学生と一緒の練習は良い経験になりますね。
たくさんコミュニケーションを取っていくことが良いプレーにつながって行きますので頑張って下さい!」本村HC

「久しぶりのラグビー、とても楽しませていただきました。やはり受験生と言うことで体力がとても落ちています。小学生に走りなどで負けないか心配です。
入学試験が終わればまた行かしていただいて、体力を取り戻します。よろしくお願いします。」田中夏野登(中3)
→「
今日はいつになくよく走るメニューだったと思います。
高校に入ってからも、定期試験で練習が休みの時には、必ずと言って良いほど体力も低下する時期がありますが、むしろ疲労の蓄積による怪我の予防のために休んでいると思えばいいし、頭を使ってラグビーを捉えるいい機会になると思います。
試験が終わったら、高校で通用するための体作りのメニューも考えておくので、まずは試験頑張ってください❗
」伊東コーチ